ピルは女性が服用するお薬のことです。

ピルには種類や飲み方がり一概にピルといっても沢山のピルが存在します。

症状や使用する内容によっても服用するピルが変わってきます。

多くの女性が思うピルは避妊をするためのお薬と思われていると思いますがじつは他にも生理不順だったり、治療薬、不妊治療にも役立っているのです。

では一体どんな種類があるのでしょうか。

使い方がいろいろピルの種類

病院などで医療用として使われているのが低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルです。

そして性交渉が終わったあと避妊の為に使用する、アフターピルがあります。

どちらも病院や産婦人科で処方してもらうことが可能です。

また病院が苦手という人は通販で購入することもできます。

アフターピルの場合は医療保険が効かない為、病院で購入する際に値段が高くなってしまうので通販を利用して購入する女性が多くいます。ただ、最近ではアイピルというアフターピルが人気でそれは通販で買うことができるものです。

またレイプ・強姦といった事件に巻き込まれてしまった時に望まない妊娠をしないようにと持ち歩いている女性もいます。アイピルは病院で多く避妊薬として処方されるノルレボという先発薬とほぼ同じ成分が含まれていて、安く買えることから信頼感があるのです。安全で安いアイピルだから人気だといえるでしょう。

アフターピルをバッグに入れて常備する

低・中・高用量ピルは生理に悩む女性の味方になる

医療用として扱われている低・中・高用量ピルは生理痛がひどい場合や無月経の治療にも使われます。

中・高用量ピルは特に配合されているホルモンの量が多く副作用も強く出てしまいます。

病院での処方は症状や病状に合わせたピルが処方されます。

しかし、ほとんどの女性が使うのが低用量ピルです。

低用量ピルは少量のホルモンが配合されており、生理不順も生理痛もだいたいはこの低用量ピルから始めます。

低用量ピルは毎日同じ時間に飲み続けることが症状の回復にもつながり、避妊効果も高くなります。

副作用もあまりないことから安心して使うことができまた、女性ホルモンから作られているので体への悪影響がないのです。

また低用量ピルを使い切るたびに病院へ処方してもらいに行くのが面倒、という女性や病院嫌いという方の中には低用量ピルの通販で購入される方も多くいます。